幸福の科学学園関西中学校 【 偏差値 : 66 】
  • 共学
  • 私立


    • 幸福の科学学園関西中学校の教育方針

      教育方針

    • 教育理念

      徳力ある人材を育てます
      宗教教育によって、神仏を尊ぶ心を培い、善悪の判断基準のできる人材、感謝報恩の心を持った、高貴なる義務を果たす人材を育てます。
      高い学力のある人材を育てます
      将来の仕事能力の基礎となる学力を徹底的に鍛え、自らの人生を切り拓き、日本と世界の発展に貢献できる人材を育てます。
      創造力のある人材を育てます
      いかなる時も、「できない理由」を考えるのではなく、「どうしたらできるのか」を考えて道を切り拓き、世の中に新しい価値を生み出せる人材を育てます。

      進学指導

      進学のために万全の学習システムと、きめ細やかな個別指導を行います。

      進学指導風景英数先行型授業個別指導

      英数先行型授業
      英語・数学は特に、精読・反復・要点暗記で受験に強い力を身につけ、高校3年までの内容を高校2年までにマスターします。
      習熟度別授業
      英語・数学は中学1年から習熟度別にクラス編成し、生徒のレベルに応じたきめ細かな指導を行います。
      基礎力強化の補習と個別指導
      基礎力の強化として、放課後や夕食後の時間に、英数を中心とした補習を行います。
      特別補習
      夏期・冬期の休業中に、中学1年から高校2年まで特別補習を実施。高校2年からは春期講習も実施します。

      国際性

      国際性を持った、世界に通用する人材を育てるため、英語教育に力を入れています。単に受験英語に留まることなく、実際に世界で通用する英語力をつけることを目標に、「読む、聞く、書く、話す」力を鍛えていきます。中学では確かな基礎力を身につけ、高校では実践力、応用力を磨いていきます。

      海外語学研修に向けて海外語学研修(中学)海外語学研修(高校)

      海外語学研修
      中学3年の秋にはオーストラリア等、高校1年の3学期終了後の春にはアメリカ等の海外語学研修を予定しています。
      創立者・大川隆法総裁による数々の英語テキスト
      大川隆法総裁の英語テキストによって、英語力を鍛えるだけでなく、宗教的英文を読むことで人生の指針をも得ていきます。
      英検受験
      中学で英検準2級(高校中級レベル)、高校で英検準1級(大学中級レベル)取得を目指します。
      スピーチコンテスト
      積極的に英語スピーチコンテストに出場し、英語力アップを図ります。

      コース

      宗教科

    • 学園生活は、祈りから始まり、祈りで終わります。校舎内には礼拝室があり、生徒が、祈りや心を静める禅定の空間として利用できます。

      宗教科では、勉強、人間関係、将来の進路、恋愛などの身近な悩みの解決から、大宇宙を貫く真理まで、人生をこぎ渡るための智慧を、広く深く学び、高貴なる精神と実践力を育みます。例えば、中学校では、「言葉の調律」を学びます。悪い言葉を出さず、良い言葉を出せたかを、毎日、振り返り、「言葉の調律・チェックシート」でチェックします。クラス全員で、お互いの長所を探す「素晴らしさの発見」という愛の実践行にも取り組み、お互いの信頼関係を深めてまいります。

    • 探究創造科

    • 仏法真理をより深く探究し、企業家精神を発揮できるクリエイティブ(創造的)な人材を育てるための総合的な学習の時間が「探究創造科」です。

      中学校では、京都や大阪に近いという地の利を活かした「偉人」「歴史」「ビジネス」などの分野を体験的に学びます。高校では、国際的教養、大学教授や各界の指導者による講義、外部コンテストへのチャレンジなど、世界のリーダーに必要な力を身につけます。