高槻中学校 【 偏差値 : 69 】
  • 男子
  • 私立


    • 高槻中学校の教育方針

      教育方針

    • 「知・徳・体」

      知育では、国公立・難関私立大学に進学できる学力を養い、大学でのより高度化・深化された専門研究につながる基礎的学力の養成を行います。
      徳育・体育では、道徳・体育の授業はもちろん人権教育や生活指導をはじめ、6年間の様々な行事(文化行事・体育行事・教養育成行事・リーダー養成行事・社会見聞など)や生徒会活動・クラブ活動などで少年期から青年期への成長に欠かすことのできない人間形成、そして生きる力を育みます。
      また、生徒は年齢に応じて知的好奇心や人間的成長の欲求によって、様々な事柄を学んでいきます。そこに高い理想をもって様々な教育を施します。
      本校は、学校生活を生徒たちの大学進学への単なる通過点にはしていません。二度とない中学・高校時代を、「彩り豊かに充実させること」に全力をそそいでいます。生徒一人ひとりの長い人生、大きな将来を見据えつつ、「現在」を最大限に活かし、そして「将来」に向かって、学力と人間形成のバランスのとれた人物に育て、国際社会で活躍できる若人を世に送り出します。

      コース

      GLコース

    • GLコースは従来からの教育内容をおこなうコースです。

    • GSコース

    • GSコース(Global Science)では、科学に特化した本コースのみで実施する設定科目〈SS課題研究〉〈SS科学英語〉を履修するとともに、理数科目を総合的・重点的に学ぶことで、科学的探求心や創造性、またグローバルな視野を養います。
      本校は、2014年度から文部科学省のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校となりました。SSHは将来の国際的な科学技術人材の育成を目指し、先進的な理数系教育に重点を置いたカリキュラム開発を行う事業です。
      ※SSH事業について、詳しくは国立研究開発法人科学技術振興機構のwebサイトをご覧ください。
      国内外の大学・企業と連携した探求型学習やフィールドワークなど、多様な学習プログラムを用意し、本校の研究開発課題である「先端学力知とグローバルマインドセットを備えた生命科学系リーダー育成」実現に向けたカリキュラムを継続的に展開します。

    • GAコース

    • GAコース (Global Advanced) は、国際的な課題への取り組みを通して、グローバルヘルス向上を目指す次世代リーダーの育成を目指すコースです。
      本校は平成28年度から文部科学省のスーパーグローバルハイスクール(SGH)の指定校となりました(指定期間:平成28年度〜32年度)。
      本校はSGH事業の研究開発構想として「医科大学と一体化したアジア圏の人々の健康を支えるグローバルリーダーの育成」を掲げており、SGH事業の実践においては、GAコースが中心となって、大阪医科大学、大阪薬科大学をはじめ、京都大学グローバルヘルス学際融合ユニット等との連携により、社会課題として顕在化しつつある「グローバルヘルス」という視点を意識づけ、海外の同世代の若者との協働活動を通して「アジアの人々の健康を支える」ことに挑む、バランス感覚に優れた次世代リーダーの育成のためのカリキュラム開発を推進していきます。