桃山学院中学校 【 偏差値 : 56 】
  • 共学
  • 私立


    • 桃山学院中学校の教育方針

      教育方針

    • 「自由と愛の精神」

      桃山学院の学院章には、"SEQUIMINI ME"(我に従え)という言葉が刻まれています。それはアンデレがイエスに従ったように、「自由と愛の精神」をもって生きることです。使徒パウロが書いています。
      「あなたがたは、自由を得るために召し出されたのです。ただ、この自由を、肉に罪を犯させる機会とせずに、愛によって互いに仕えなさい。」(ガラテヤの信徒への手紙5章13節)
      自由には他者への愛と責任がともないます。「自由」とはひとりひとりの人格と主体性を尊重すること、「愛」とは互いに仕えあいながら他者と共に生きることです。この「自由と愛の精神」は、たんにキリスト教の立場だけではなく、すべての人間が一致しうる普遍的な理念であり、人類共通の目標です。
      人間のそのような可能性を開花させながら、高い理想をめざしてチャレンジしつづけていくこと、それこそが桃山学院の一世紀を超える伝統がめざそうとする「キリスト教精神」であり、「世界の市民」への道なのです。

      コース

      6年選抜コース

    • より高い学力の向上を図り、超難関国公立大学・医歯薬系大学への進学をめざす
      基礎学力の定着を徹底し、それを土台に高い応用力を養う授業を展開します。個別指導形式のRゼミでフォローアップを行い、自習ステージの活用により、主体的に学ぶ姿勢を身につけ、学ぶことの楽しさを実感させます。

    • 6年進学コース

    • 一人ひとりの進度に合わせた学習で、 国公立大学・難関私立大学への進学をめざす
      個々の習熟度に合わせた丁寧な指導により、基礎学力の定着を図ります。苦手科目はRゼミで徹底指導して苦手意識を払拭させるとともに、高校・大学進学後に求められる総合力が身につく授業を行います。