日本女子大学附属高等学校 【 偏差値 : 65 】
  • 女子
  • 私立


    • 日本女子大学附属高等学校の教育方針

      教育方針

    • 教育方針

      「自念自動」
      「自ら考え、自ら学び、自ら行う」。
      この「自念自動」の教育方針は、創立者である成瀬仁蔵が1901年の創立時に唱えたもので、百年を経た現在でも教育の根幹として受け継がれています。
      学習面では幅広い分野の基礎を深く理解し、将来それぞれの道で大きく伸びるためのしっかりとした土台を作ります。
      また、生活面では様々な自治活動に参加し、自ら企画し、実行する機会を多く持つことで、リーダーシップや協調性を身につけます。
      本校では大学進学を教育のゴールとは考えていません。豊かな中学・高校生活を提供し、将来自立して社会に貢献できる人材、人間性豊かな女性を育てることに力を注いでいます。

      「信念徹底」「自発創生」「共同奉仕」
      自ら納得する信念を見つけたら、その信念に従い徹底する努力を続けるという「信念徹底」、自分が何をしたいのかをよく見極め、自発的な努力をすることで、創造的能力を磨く「自発創生」、そして、人類のためにどうすることが大切かを知り、共同の目標に向かって奉仕する「共同奉仕」――晩年、成瀬仁蔵が残した本学の教育綱領の実践を基本に、本校では「学習活動」と「自治活動」の2つを教育の柱として掲げています。

      学習活動 多様な学びの機会が、学問の楽しさを教えてくれます。

      本校では、受験に縛られず、自ら学ぶ精神を育むことを大切にしています。
      本校の特徴である文系・理系の区別のないカリキュラムを学ぶことで、バランスの取れた知識と教養を身につけ、人間としての豊かさを育みます。
      大学との連携プログラムも多く用意されており、2年生全員を対象とした大学教員による特別講義、夏休み中に大学キャンパスを使って行われるサマースクールなど、学びを深めるだけでなく、将来の進路選択にも役立ちます。

      自治活動 自分たちで考え、自分たちで決める。

      全ての生徒が自治会の一員として、学校行事の運営から日常の仕事まで、あらゆることを話し合い、取り決め、実行します。
      自分たち自身の手でよりよい学校を創り上げようとする意欲と責任感、他者の考え方を理解し尊重できる冷静さと視野の広さ、豊かで多様な個性を持つ仲間を信頼し、協力する姿勢などが培われます。
      制服はなく、自治会が主体的に高校生にふさわしい通学服を規定しています。
      通学服について新たな要望が出れば、毎年、年度末に自治会が検討します。