埼玉平成中学校 【 偏差値 : 50 】
  • 共学
  • 私立
  • Thumb1000 top2015 01

    新着情報・お知らせ

      新着情報は見つかりませんでした。

      お知らせは見つかりませんでした。

      ブログは見つかりませんでした。

      イベント情報は見つかりませんでした。

      問題は見つかりませんでした。

      問題は見つかりませんでした。

      問題は見つかりませんでした。

      問題は見つかりませんでした。

      問題は見つかりませんでした。

      埼玉平成中学校の教育方針

      教育方針

    • いま、日本の教育は大きく変わろうとしています。

      2020年から実施される、学制が始まって以来の教育改革と謳われる大学入試制度改革。そこでは思考力・判断力・表現力が重視され、単なる知識だけでは対応できない、教科横断型で総合的な出題が想定されています。それに対応するためには何よりも、言語能力の充実を図ることが求められています。

      これは、我が国の教育の目的が、よりグローバル化していく世界の中で活躍できる優れた人材の育成に、大きく方向転換したことを意味しています。

      本校で実践している、「言葉に強い生徒を育てる」教育は、まさに時宜に適ったものであると言えましょう。日本語は勿論、英語教育を通じて、読む・書く・話す・聞く能力を磨くことは、教育改革の目的を達成する道であると確信しています。

      HEISEI INNOVATION!

      新大学入試制度に照準を合わせ、①英語教育の徹底 ②コミュニケーション能力の強化 ③徹底した論理的思考力の育成、の3つを柱に、中高一貫教育の中で一人ひとりの学習意欲を高め、学力向上に繋げる改革を進めて、世界で活躍できる知性と教養を兼ね備えた人物を育てて参ります。

      【①英語教育の徹底】
      =グローバル化していく世界の中で活躍できる人物の育成=
      >
      社会が求める、世界を相手に活躍できる広い視野をもった「グローバル」な人材の育成には、英語の習得が必要不可欠であると埼玉平成は考えます。週7時間以上の授業を基本とし、6年間の充実した英語教育プログラムが、生徒の英語力を伸ばしていきます。英語検定は全員受験。中等部は2級を目指します。
      >
      放課後はEnglish Station【英会話サロン)で自由に英語が飛び交う!
      1グループ5~6名の生徒たちがネイティブ教員を相手に自由に英会話を楽しんでいます。トピックは趣味・特技・学校生活のことから社会的に話題になっていることまで様々です。生徒たちは楽しみながら英語力を身につけています。

      【②コミュニケーション能力の強化】
      =言葉に強い生徒を育て、思考力・判断力を鍛える=
      >
      コミュニケーション力を強化するため、「言葉」の教育を徹底しています。
      日本語検定では、中等部3年までに「3級」の取得を目指します。相手の立場に立ち、他者を感じる力を持った「言葉」に強い生徒を育成します。
      >
      中等部3年5月~6月に5泊6日で実施、農場(ファーム)体験2泊、現地学校訪問、ゴールドコースト散策。
      学校訪問を行い、オーストラリアの学生と1:1で交流する。またファームステイを行い、英語でアクティビティを楽しむ。

      【③徹底した論理的思考力の育成】
      =知性と教養を身につけた人材の育成=
      >
      生徒たちは毎日の授業で、受け身ではなく、主体的に学ぶ力を身に付けます。
      ・問題解決能力 ・コミュニケーション力 ・企画力・想像力
      徹底した論理的思考力を育成するため、授業は一方的に教えるのではなく、グループで話し合いながら課題を見つけ、主体的に解決策を探ります。
      解決策はプレゼンにより授業内で発表し、プレゼンテーション能力をのばします。

      埼玉平成中学校の系列学校

    • 埼玉平成高等学校
      Thumb660           2016 03

      「為すことによって学ぶ」という建学の精神のもと、たくましい生徒に成長すること、また、「創造・自律・親切」の三つの校訓のもと、協力することの大切さや人を思いやることの大切さを教えながら、すばらしいもの、美しいものに接した時、心から感動する心を育てています。