名古屋調理師専門学校 【 偏差値 : 0 】
  • 共学
  • 私立
  • Thumb1000 ncs

      名古屋調理師専門学校の教育方針

      教育方針

    • 学生と教授の距離が近い常勤体制

      本校の教授陣は、すべて現場を熟知したベテランの調理師です。そして、常勤体制で各調理分野を受け持ち、つねに学生一人ひとりの進度や個性を把握しています。
      悩んだり迷ったときにはすぐに相談できる環境です。調理師になりたいけれど料理をしたことがない、という人も安心して扉をたたいてください。

      教授陣のご紹介

      本校には、実習の常勤教員が5名(フランス1名、日本1名、中国1名、サーヴィス・福祉調理1名、製菓1名)と実習助手5名、学科(座学)の常勤教員が●名います。実習・座学合せて15名という数は、この地域の調理師専門学校としては多いといえます。
      特に調理実習の常勤教員が多いということは、調理の基本をしっかり身に付けていく上では大きなメリットです。例えば、課外講座の「特修講座」を年間延べ100講座開講できるのも常勤教員が多いからできることです。
      また、前期、後期の実技試験対策として授業後の実習室を解放しての練習時間や特修講座での実技試験対策等を実施することも、充分な数の常勤教員がそろってなければなかなか対応できません。
      何より、時間的な制約の多い非常勤講師とは異なり、日常の実習・教科の質問、就職相談、お店の情報等について"いつでも"相談に応じることができるのも大きなメリットのひとつといえます。

      8つの実習室が成長のステージになる

      "環境が人を作る" これも一つの事実です。

      ふと気づいた時、時間が経つのも忘れて夢中になって調理している自分がいる。

      そんな環境での体験は、新たな興味を引き出し、可能性を広げるきっかけとなるものです。
      そして、より仕事の現場に近い環境で学ぶことが、社会に出た時の自信につながると、私たちは信じています。

      教授の手元がはっきりと映し出されるモニターや、それぞれの調理分野に即した設備や道具を配した8つの実習室で、好奇心の翼をのびのびと広げてください。
      未来の一流シェフへのサクセスストーリーがここから始まります。

      スペシャリストを目指す人のための、スペシャルな設備が盛りだくさん!

      レストラン実習室や階段教室(多目的ホール)、オール電化の製菓実習室など最新設備をフルに使いこなす授業と、休み時間を有意義に過ごせる学生ラウンジ。本校の充実の各所をご覧ください。