大妻高等学校 【 偏差値 : 0 】
  • 女子
  • 私立


    • 大妻高等学校の教育方針

      教育方針

    • 恥を知れ

      創立以来百年の歴史を持つ大妻中学高等学校は、校訓『恥を知れ』を人間教育の根幹とし、一貫して「時代の要請に応える教育」を実践しています。
      創立者大妻コタカは、校訓『恥を知れ』の意味を「これは決して他人に対して言うことではなく、あくまでも自分に対して言うことです。人に見られたり、聞かれて恥ずかしいようなことをしたかどうかと自分を戒めることなのです。」と自分を律する心を常々説いておりました。
      自律心の根本にあるものは相手に対する尊敬であり、親愛のこもった思いやりのある心です。その心が形となって表れたものが礼儀です。また、このことは自分が日々受けている多くの恩恵に感謝する心にも通じています。
      『恥を知れ』という言葉は、修養を積み、自分の人格を高めていく努力を怠ってはならないということを伝えているとともに、深い知性と気高い品性をそなえた女性を育成したいという創立者の教育への熱い思いが込められているのです。