関西大倉高等学校 【 偏差値 : 72 】
  • 共学
  • 私立


    • 関西大倉高等学校の教育方針

      教育方針

    • 全校一致のもと、誠実でやさしさと活力あふれる人間を形成する。

      1. 一人ひとりの個性・才能を生かし、知力・体力を育成する。
      2. 自ら考え、責任ある行動がとれる人間を育成する。
      3. 誠実で品性の高い教養のある人間を育成する。
      4. 男女・民族、言葉の違いを越え、互いの人権を尊重し、平和を願う人間を育成する。
      5. 自然に親しみ、自然とともに生きることが大切だと思える心を育成する。

      コース

      特進Sコース

    • 2010年春、新たに誕生した特進Sコースは、東大・京大・阪大などの最難関国立大学への現役合格をめざす生徒で編成されているスペシャルコースです。約35名という少人数クラスのため、1年次からきめ細やかな指導で、最難関国公立大学をめざす生徒たちの学習を徹底支援。質・量ともに充実した授業内容であることはもちろん、国立大学の二次試験で求められる記述力・論述力の強化を早期から図ります。2年次からは授業時間数を増やし、最難関国立大学をターゲットとした英語・数学の学習に取り組みます。さらに3年次になると、それらに加え国語・社会・理科も対策を開始。また、2年次から3年次のコース入れ替えは原則行わないことで、2年間みっちりと同じクラスの仲間たちと切磋琢磨しながら、最難関大学への現役合格に向けて、着実なステップを歩んでいくことができます。

    • 特進コース

    • 阪大・神大をはじめとする難関国公立大学への進学を強力に支援していくのが特進コースです。このコースでは大学受験にあわせ、受験科目に重点を置いた時間配分で教科のカリキュラムを組み、センター試験で高得点をとれるだけの基礎力、各大学独自の二次試験をクリアするための応用力を養います。特に志望大学・学部によってセンター試験や二次試験での目標点数も異なるため、個々に必要な学力、目的に合わせた学習ができるよう、生徒と先生による二人三脚で、一人ひとりの生徒を志望大学合格へと導いています。

    • 総合コース

    • 総合コースでは原則として進度・テキストは特進コースと同じですが、国公立大学受験をめざしてのセンター試験対策に力をいれる一方、難関私立大学をめざす受験対策にもきめ細かに対応しており、生徒一人ひとりの目標に合わせた多彩な選択に対応するコースです。特に文系では科目を絞って私立大学進学をめざすクラスも設置。学校の授業で効率的に受験準備ができると生徒や保護者からも高く評価されています。