関西学院高等部 【 偏差値 : 67 】
  • 共学
  • 私立
  • Thumb1000 key2

      関西学院高等部の教育方針

      教育方針

    • スクール・モットー

      関西学院のスクール・モットーは、第四代ベーツ院長が提唱した“Mastery for Service”です。「私たちは努力して専門知識の修得と人間形成に努めなければならないが、それは単に自己の利益のためではなく、隣人への奉仕を目的としたものである」という意味で、「奉仕のための練達」と訳されています。
       高等部においても、関西学院の十年一貫教育の中核を形成する学校として、建学の精神やスクール・モットー“Mastery for Service”の精神を学び、他者さらには広くの社会に貢献できる人間の育成を目指しています。決して信仰を強制するのではなく、学校で行われる礼拝や聖書の授業を通じて「人間とは何か」「自分はどう生きるのか」という自分の生き方を考える人間形成の教育を実践しています。
       高等部は、伝統的にきわめて自由な学校であることを誇りにしてきました。高校生が自我を形成していく過程において、多様な個性や素質を伸ばすには、細かい規則をできるだけ少なくし、自由な環境を整えることが何より大切だと信じているからです。しかし、個性を生かし自主性を育てる教育とは自由放任の教育ではありません。高等部が目指しているのは、キリスト教を通じ、自分の生活と行動を律するしっかりした基準を持って生きる「自由な」人間を育てることなのです。

      コース

      文系コース

    • 週に2時間の選択授業が(英語、国語、社会)設定され各自が深く学びたい科目を選択します。1,2年生での基礎知識をもとに3年生ではさらに、以下のような各自の学びの方向性を深めます。

      ・国語や英語の語学力を身に着けたうえで、様々なコミュニケーション能力を習得し、世界の人々との共生を目指した国際性を身に着けます。
      ・世界や日本の諸地域がどのような歴史的背景や地理的条件の中で、その文化や社会構造を形成してきたのかを学び、世界の諸文化の交流を学ぶ中から、日本が果たすべき役割を考えます。
      ・現代社会が抱える諸問題を考える上で必要な、社会科学(政治、経済、歴史)を学び、私たちが直面する色々な問題への理解を深めます。

    • 理系コース

    • 理科・数学を中心に、将来、自然科学を専門に学ぶための基礎と科学的・論理的に物事を把握する能力を身に付けます。また、環境・倫理の問題にも目を向け、自然と人間の共生の道を探ります。

      入試情報

      A方式(一般入学試験)

      面接
      受験生本人のみ
      入試日
      2017-02-10
      試験科目
      国語・数学・英語
      募集要項

      出願資格:
      以下の1.から2.いずれかに該当する者。
      1. 2017年3月31日までに中学校またはこれに準ずる学校を卒業見込みの者。
      2. 2016年6月から2017年3月の間に、外国の学校教育における9学年の課程を修了した者、あるいは修了見込みの者。ただし、すでに日本または海外の高等学校に転編入学した者は受験できない。

      出願期間:
      2017年1月6日(金)~1月20日(金)
      ※書留速達での出願に限る。
      1月20日(金)の消印有効。

      出願書類:
      1. 入学試験願書
      2. 志願理由および中学校での活動報告書
      3. 調査書(出身学校長が証明し厳封したもの)

      合格発表
      2017/02/13 10:00 郵送及び関西学院高等部ホームページ上に発表

      B方式(自己推薦入学試験)

      面接
      受験生本人のみ
      入試日
      2017-02-17
      試験科目
      作文
      募集要項

      出願資格:
      以下の1.から3.すべてに該当する者。
      1. 2017年3月、中学校卒業見込みの者。
      2. 本校を第一志望とする者。
      3. 中学校時代の成績について、以下の基準のいずれかを満たしている者。
      〈5段階評定の場合〉
      中学第3学年2学期末の3年次総合成績において、9教科5段階評定の合計が36以上の者。
      〈10段階評定の場合〉
      中学第3学年2学期末の3年次総合成績において、9教科10段階評定の合計が68以上の者。
      ※ 次の(1) ・(2)の項目は、判定に際し評価をする内容です。
      (1) 生徒会活動やボランティア活動等、学校や地域で諸活動をおこない、学業との両立に積極的に取り組んだ者。
      (2) 文化・芸術・スポーツなど自らの興味の対象を持ち、それに打ち込み、 学業との両立に積極的に取り組んだ者。
      (各種コンクール、展覧会、発表会、スポーツの大会、資格試験などの実績を証明する書類がある場合はそのコピーを添付すること。)
      ※ 高校を併設している私立中学校および海外の諸学校からの受験はできません。また、海外の高等学校からの転編入学はできません。
      ※ 海外帰国生徒入学試験に出願した場合は、B方式(自己推薦入学試験)への出願はできません。

      出願書類の配布:
      所属中学校から「入学試験願書等出願書類送付願」を本校事務室へ郵送または持参して下さい。確認後、出願書類を配布します。

      郵送の場合: 2016年12月24日(土)午前着までは、年内に出願書類を郵送します。
              (2016年12月24日(土)午後以降着の場合は、2017年1月6日(金)以降の郵送)

      持参の場合: つぎの時間内にご持参下さい。即日出願書類をお渡しします。
        平 日 8:30~11:30 12:30~16:30
        土曜日 8:30~12:00

      出願期間:
      2017年1月6日(金)~1月20日(金)
      ※書留速達での出願に限る。1月20日(金)の消印有効。

      出願書類:
      出願資格の確認後、下記の出願書類をお渡しします。
      1. 入学試験願書
      2. 志願理由および中学校での活動報告書
      3. 調査書(A方式入試を併願している場合は不要です)
      4. 自己推薦書
      5. 活動記録報告書に関する資料のコピー(縮小コピー可)を貼付した用紙

      合格発表
      2017/02/18 10:00 郵送及び関西学院高等部ホームページ上に発表

      海外帰国生徒入学試験

      面接
      保護者同伴
      入試日
      2017-02-10
      試験科目
      国語・数学・英語
      募集要項

      出願資格:
      以下の1.から3.すべてに該当する者。
      1. 日本国籍を有する者、あるいは日本に永住する外国人(在留資格が出入国管理および難民認定法に定める「永住者」)。
      2. 海外に在住している者、または在住していた者で、次のいずれかに該当する者。
      (1) 保護者とともに継続して海外在住3年以上で、2016年3月1日以降に帰国の者。
      (2) 保護者とともに継続して海外在住2年以上で、2016年7月1日以降に帰国の者。
      3. 2002年4月1日以前に生まれた者で、本校を第一志望とし、次のいずれかに該当する者。
        (1) 2016年6月から2017年6月の間に、外国の学校教育における9学年の課程を修了した者、あるいは修了見込みの者。ただし、すでに日本の高等学校に転編入学した者は受験できない。
        (2) 文部科学大臣の指定を受けた海外の全日制日本人学校中等部を2017年3月31日までに卒業見込みの者。
        (3) 帰国後、国内の中学校を2017年3月31日までに卒業見込みの者。
      ※ 2年以上、3年以上の海外在住とは、出国日から帰国日までの期間とする。試験日にまだ海外在住の場合は、2017年3月31日を基準として計算する。
      ※ 出願資格について、不明な点があれば直接問い合わせてください。

      出願期間:
      2017年1月6日(金)~1月20日(金)
      ※書留速達での出願に限る。1月20日(金)必着

      出願書類:
      1. 入学試験願書
      2. 海外在留証明書(企業等が発行したもの)
      3. 志望理由および中学校での活動報告書
      4. 志願者調査票(志願者本人が記入したもの)
      5. 海外在学中の成績証明書
       (帰国後日本の中学校に在籍する者は両方の成績証明書を提出)

      合格発表
      2017/02/13 10:00 郵送及び関西学院高等部ホームページ上に発表