浦和高等学校〈男子〉 【 偏差値 : 68 】
  • 男子
  • 県立


    • 浦和高等学校〈男子〉の教育方針

      教育方針

    • 「守・破・離」の3年間

      浦和高校の3年間は「守・破・離」で表現される。型を知り、身に付け、その型を破り、やがて離れていく。この語は本来、武道や芸能での用語があるが、今や浦高の共通認識の語となっている。

      守:
      浦高生になる。「授業で勝負」の浦高で、予習-授業-復習の仕方を体得し、学校生活のあり方を学ぶ。部活動等との両立も会得する。

      破:
      浦高生として挑戦する。浦高の型を体得した上で、さらに自分の可能性を追求する。
      学習にしっかり取り組みつつ、部活動や行事、委員会活動など、やりたいこと、なすべきことに全力で取り組む。

      離:
      浦高生として自走する。独り立ちし、将来に向け自分自身の道を歩み始める。
      大人としての自覚を持つ。

       浦高に入学すると、中学までの生活が一度「リセット」される。再スタートを図る新入生にとって、上級生は到底超えることのできないような壁のような存在として映る。しかし、下級生は上級生を目標とし、将来のリーダーたらんとする大きな志を持ち、驚異的な成長を遂げる。

      浦和高校の教育が目指すもの

      世界のどこかで支える人材を育てる
       浦高は、グローバル社会における真のリーダーの育成を本気で目指している。それには、浦高の教職員自身の指導と責任により、個々の生徒の学力を最大限に伸ばすことはもちろん、それ以外に、彼等の心も、そして体も鍛えねばならない。伝統の学校行事、活発な部活動など、浦高にはそのためのさまざまな優れた仕掛けが充実している。生徒たちは、それらに全力で取り組み、互いに切磋琢磨することによって、次世代を担うリーダーに求められる幅広い人間的資質を身につけ、「あの人がいないと困る」と誰からも言われるような、世界のどこかを支えるかけがえのない人材へと育っていくのである。

      尚文昌武

       「尚(しょう)文(ぶん)昌(しょう)武(ぶ)」は、浦高の教育の精神を象徴する言葉である。
       「文を尚(たっと)び、武を昌(さか)んにす」――換言すれば、「文武両道」の意味でもある。
       浦高第二代校長、藤井宣正による造語であり、以来、百十余年の伝統を誇る我が高において、脈々と引き継がれてきた。この理念の下に、浦高は、今までも、そしてこれからも、「知・徳・体」のバランスのとれた、真に将来有望な人材を輩出し続けるのである。
       埼玉が全国に、そして世界に誇る公立進学校、それが浦高である。
       
       本校卒業生である宇宙飛行士、若田光一氏も、平成21年に宇宙へと赴いた際、本校のカラー(本冊子表紙の色)に生地に金色で書き抜かれた「尚文昌武」の旗を浦高より持参し、国際宇宙ステーションに高らかに掲げた。地球へと戻った後、その返還式が浦高で行われ、校長へと受け渡された旗は今も校内に展示されている。

      少なくとも三兎を追え
       「二兎を追う者は一兎も得ず。」という言葉がある。しかし、浦高では少なくとも「勉強、部活、学校行事」の三兎を追え、と指導する。そのため浦高生の生活は多忙である。多忙ではあるが非常に充実した、密度の濃い三年間が、ある卒業生の言葉を借りれば「怒涛の如く」過ぎ去ってゆく。浦高生はそうした学校生活に、仲間とともに全力で取り組み、それを乗り越えていく。そこでは生徒同士の絆も深まり、一生涯の友人も出来る。現に、浦高は若い世代から年配の方々にいたるまで、同窓会活動が極めて盛んである。

       「勉強」「部活」「行事」はそれぞれ独立しているものではなく、それぞれを一生懸命頑張ることが、それぞれを支えあっている。

       生徒が本気で学校に向き合ったとき、生徒にとって、勉強・部活・行事は一体のものとなる。

      無理難題に挑戦
       「少なくとも三兎を追え」――浦高はその意味で「無理難題を課す」学校である。もちろん、これは安易に生徒に無茶を押し付けているのではない。職員の行き届いた配慮が随所にあり、目立たぬながら、きめ細かい支援もある。従って、浦高を志望する諸君は恐れる必要はない。むしろ、「自分は浦高でやっていけるだろうか」とためらう学生にこそ、ぜひ浦高の教育に挑戦し、リーダーとして活躍すべき資質を身に付けてほしい。充実の三年間で、生徒は見違えるほど逞しくなる。少年を大人の男へと育てる学校、それが浦高である。
       思えば、一人前の社会人になれば、同時にいくつもの仕事をこなしたり、答えのない問題に挑んだりすることは日常茶飯のことである。何が問題なのか、問いそのものを探求しなくてはならないこともしばしばある。いや、それこそビジネスの本質であろう。浦高の教育を受けて巣立っていった卒業生達は、現に今も、そうした社会の各分野で目覚しい活躍をし、日本を、そして世界を牽引している。浦高を目指す諸君も、そうした先輩たちにぜひ続いてほしい。