幸福の科学学園高等学校 【 偏差値 : 68 】
  • 共学
  • 私立
  • Thumb1000 201404

      幸福の科学学園高等学校の教育方針

      教育方針

    • 特徴

      自由闊達な校風のもと、「高度な知育」と「徳育」を融合させながら、社会に貢献する未来型リーダーを養成します。

      1. 「徳ある英才」の創造
      教科「宗教」で真理を学び、行事や部活動、寮を含めた学校生活全体で実修して、ノーブレス・オブリージ(高貴なる義務)を果たす「徳ある英才」を育てていきます。

      2. 一人ひとりの進度に合わせた「きめ細かい進学指導」
      熱意あふれる上質の授業をベースに、一人ひとりの強みと弱みを分析して対策を立てます。強みを伸ばす「特別講習」や、弱点を分かるところまでさかのぼって克服する「補講」や「個別指導」で、第一志望に合格する進学指導を実現します。

      3. 天分を伸ばす「教養教育」と「高大連携」
      教科「探究創造」で、偉人学習に力を入れるとともに、日本文化や国際コミュニケーションなどの教養教育を施すことで、各自が自分の使命・理想像を発見できるよう導きます。さらに高大連携教育で、知識のみならず、知識の応用能力も磨き、企業家精神も養成します。芸術面にも力を入れます。

      4. 自立心と友情を育てる「全寮制」
      寮は、真なる自立を促し、信じ合える仲間をつくる場です。親元を離れ、団体生活を送ることで、縦・横の関係を学び、力強い自立心と友情、社会性を養います。

      未来を拓く気概を持った若者たちへ

      これからの時代を切り拓いてゆく主役は皆さんです。未来には様々な難しい問題も待ち受けているでしょうが、その問題を解決する力を皆さんは持っています。本学園では、生徒一人ひとりの心の奥に眠っている可能性を最大限引き出し、先頭をきって問題を解決し希望の未来を拓く力をつける教育をしていきます。①宗教教育による徳ある英才づくり、②塾に頼らずに学力がつく授業、③創造性の高い教育による企業家精神の養成、④全寮制による自立心と社会性の養成の4点を柱に、「高貴なる義務」を果たすエリートを輩出することを目指しています。
      自由闊達で明るい雰囲気の中で、皆さんの可能性を精一杯伸ばしてみませんか。皆さんのかけがえのない青春の1ページを鮮やかに彩れるよう、学校法人としても、その環境づくりに力を尽くしていきます。
      希望の未来をつくる一員として、皆さんの合流を心からお待ちしております。

      大きな夢の、小さな一歩。

      2010年4月。いよいよ幸福の科学学園が開校しました。
      日本中から、世界から、自分の夢だけでなく、「ユートピア建設」という世界の夢をかなえることを目指して、俊英たちが集まってきました。
      その個性は、百花繚乱、千差万別。入学前から生徒会長に立候補している生徒、偏差値72の理系の天才、プロも驚くダンス・パフォーマー......。みんな伸び伸びと青春を謳歌しています。
      「命だけでなく魂も救う医者になりたい」「30歳までに高次元の存在証明をする科学者になりたい」「世界を救う政治家になりたい」――。その夢もまた純粋で壮大です。
      外部模試での好成績や、デビュー戦で多くの高2高3生を打ち破りみごと栃木県北部優勝を果たした1年生テニス部の活躍など、学園生の潜在力の高さを表す成果も出てきました。あくまで勉強に中心軸を置きながら、七色の才能を育てていく天才教育の、いよいよこれからが本番です。
      世界に羽ばたく若鷲たちの、最初の小さな一歩にていねいに向き合い、その才能を開花させていきたいと思います。

      入学費用・学費

      学費・諸費用等

      幸福の科学学園高等学校の系列学校

    • 幸福の科学学園中学校
      Thumb660 img cherry 2014 01

      幸福の科学の教育理念によって設置された男女共学全寮制の中学・高校である。