共立女子第二高等学校 【 偏差値 : 55 】
  • 女子
  • 私立
  • Thumb1000 1460083857655

      共立女子第二高等学校の教育方針

      教育方針

    • 卒業して社会人や母となったときに 良さを実感できる教育を

      本校の母体である共立女子学園は、明治19年に、当時としては非常に画期的な「女性の社会的自立」という理念のもとに創立されました。それから約130年にもわたって積み上げてきた女子教育の実績が、本校の土台となっています。真の教育とは、長いスパンをかけて効果を実感できるものです。目先の進学実績を上げることも大切ですが、それ以上に、すぐには目に見えない「人間としての価値」を身につけさせることこそが使命です。

      そのために力を入れているのが人間らしさを育む情操教育です。人に不快感を与えない所作や躾を教える中学の礼法の授業。歴史がつくり上げてきた、本物の芸術に触れさせること。本校のすばらしい自然環境も、情操面で欠かせない要素です。こうした教育は長い歳月をかけてその真髄を発揮し、卒業後に良さを実感すると卒業生たちは口をそろえます。

      共立学園としての理念を掲げつつ、この伸びやかで広々としたキャンパスを有する第二中学・高等学校でこそできる教育を実践してきました。八王子の丘陵に第二高校が開校してから40年以上が経ち、次世代の教職員にもしっかりと本校の教育方針を継承させていくことが校長として重要な仕事だと感じています。その上で、グローバル化の進む今、日本人の良い部分を国際社会にアピールできる、人間的魅力を備えた女性を育てたい。そうした女性は、一朝一夕に生まれるものではありません。だからこそ私たちは長い視点で教育を捉え、社会に貢献できる卒業生の輩出に尽力していきます。

      建学の精神と校訓

      共立女子学園は、明治19年(1886)、先覚者34人が発起人となり、女性に専門的知識と高度の技能を修得させ、女性の自主性と社会的自立の育成を目的として創立 されました。この建学の精神は誠実・勤勉・友愛を指針として、明治から今日まで時勢の推移に対応しつつ連綿として貫かれ、高い実績と伝統を築き、女性の社 会的地位の向上に大きく貢献してきました。国際化・情報化・高齢化がますます進み、21世紀においても課題が山積するなかで、女性の高学歴志向や社会進出はいっそう加速しつつあり、女子教育に対する高度多様な要請は急速に高まり拡大しています。

      第二中学校・高等学校の教育

      共立女子第二中学高等学校では、このような共立女子学園の建学の精神や校訓を下地とし、さらに立地や設立の方針を踏まえた独自の教育理念を持って歩んできました。それは充実した 施設・設備や豊かな自然環境を生かし、そして大学付属校の利点でもある安心の進学システムを土台にして、伸び伸びとした教育を展開し、バランスのとれた人間を育成するという点です。大学受験を見据えて充実したサポートを行っていくと同時に、思春期の女子にとって今必要な教育は何か、そして10年先、20年 先の彼女たちにとって本当に大切な教育とは何か、それをつきつめていったところに本校の教育理念があると考えています。

      入学費用・学費

      学費

      入学料
      250,000円
      初年度納入会
      960,000円
      入学手続時納入会
      250,000円
      諸会用 その他
      0円
      諸会用 その他
      210,000円

      コース

      文系

    • 文理系

    • 特進私立文系

    • 特進国立文系

    • 特進理系

    • 特進国立理系

    • 特進私立理系