桜丘高等学校 【 偏差値 : 60 】
  • 共学
  • 私立
  • Thumb1000           2016 03

      桜丘高等学校の教育方針

      教育方針

    • 勤労と創造

      【桜丘の伝統】
      校訓の「勤労」と「創造」。創立者である稲毛多喜の生活体験から生み出されたこの言葉は、現代風に表現すれば「たゆまぬ努力と創意・工夫が新しい自分を作る」という意味になります。
      例えば、得意な科目を伸ばしたい、苦手な科目を克服したい、語学力を身につけたいという時に必要なこと。それはまさに「たゆまぬ努力」です。そしてただ努力するのではなくて、どうすればより効果的に学習できるかを「創意・工夫」することです。桜丘の教職員は努力する皆さんを励まし、また創意・工夫に対してアドバイスすることを厭いません。データに基づいた丁寧な指導は、桜丘の伝統です。
      【創意・工夫】
      桜丘の英語教育や情報教育が他校と大きく異なるのも「創意・工夫」にあります。英語やコンピュータを使えることが当たり前の時代となりました。しかし、英語で本当にお互いの気持ちを相手に伝えあうことができているでしょうか?コンピュータを使って集めた情報は正しいものばかりでしょうか?言葉を使って相互の理解を深めること、情報の正しさを見極めて論理的に思考すること、どちらにも「創意・工夫」が求められます。
      もしあなたが「新しい自分」の可能性を信じるならば、桜丘は「創意・工夫」を重ね、たゆまぬ努力を続ける皆さんにとって最高の舞台となります。

      自立した個人の育成

      桜丘では「自立した個人の育成」を教育の目標としています。単に進学・就職することを目指すのではなく、社会で活躍できる深い教養を持ち、英語・情報の活用といったコミュニケーション能力に優れた人材を育てます。
      【判断する】
      他者を思いやりつつも、自ら深く考え、最終的に自分で判断して結論を出す。他に惑わされず、自己の判断に立脚して行動できる人材、これこそが自立した個人の姿勢です。情報を取捨選択し、正しい判断ができるような体験を授業でも取り入れています。
      【考える】
      何事も感覚で捉えてしまいがちな風潮があります。精神的な成長も望める時期にしっかりと内面を見つめ、自らの考えを深めることが必要だと考えます。詰込式の授業ではなく、自分で考えることを重視した授業が展開されています。
      【思いやる】
      伝統的な謙遜の心はこれからの時代にこそ最大の美徳ではないでしょうか?自分本位ではなく、相手を思いやる気持ちを大切に育てます。グローバル化が進む社会では常に相手の立場で考えてみる、そんな姿勢が求められているのです。

      CLクラス~Creative Leaders Class~

      世界を動かし変革してきたのは、人の「思い」とそれに基づく行動です。他社への共感や「思い:の共有によって、自己利益がなくても行動できるのが人間の特質です。これからの世界で求められるGlobal Leaderの能力とは、他者への敬意を持ち、相互理解を深めつつ、相手の心に働きかけることによって人を動かすことで新しい価値を創造できる能力なのです。そして優れたLeaderとは、共感できる「思い」に対して自らが積極的に動くというFollowershipをもった優れたFollowerでもあります。
      =CLで身につける7つの力=
      ・論理的思考
      ・問題発見力
      ・批評力
      ・協働性
      ・表現力
      ・交渉力
      ・倫理観
      【グローバル イシューズ】(週2~4時間)
      研究テーマは
      ・高校1年次:国際社会と日本
      ・高校2年次:世界の文化と食
      ・高校3年次:環境と共生
      大きなテーマの中から自分たちで研究テーマを選び、グループで情報を収集、分析。テーマに関連して、大学の先生をお招きして講義を聞いたり、大学院生のアドバイスをいただいたり、企業とコラボもあります。まとめたことは学園祭や海外研修先で発表。プレゼンテーションは日本語でも英語でも自由自在に。
      【CL英語特別プログラム】
      ・コミュニケーション英語Ⅰ
      担当はNES教員。iPadも活用し、アクティブに英語を学びます。
      ・英語総合
      思いが相手に正確に伝わるよう、文法基礎をしっかり固めます。
      ・TOEFL対策講座
      TOEFL Junior Comprehensive等に対応した対策講座です。

      桜丘高等学校の系列学校

    • 桜丘中学校
      Thumb660           2016 03

      校訓の「勤労」と「創造」。創立者である稲毛多喜の生活体験から生み出されたこの言葉は、現代風に表現すれば「たゆまぬ努力と創意・工夫が新しい自分を作る」という意味になります。