• 公開日
  • 7/11

サイエンスラボ with 法政大学

武蔵野東中学校(更新:2017-07-11)

武蔵野東中学校では、今年度「理科教育の推進」を重点の一つに掲げており、生徒たちが、授業だけでなく様々な専門分野の方からの刺激を受けながら学べる機会を設けています。
今回は、法政大学で植物医科学の研究をされている先生と研究室の大学生をお招きした「植物の病気と農薬の効果」についての講義と観察です。
白絹病という植物病の菌を根元につけておいたキュウリと、白絹病と農薬を混ぜたものをつけておいたキュウリを比較すると明らかに後者の方が健全に生育していることがわかり農薬の殺菌効果がはっきり確認できました。さらに実際に白絹病菌を顕微鏡で観察しましたが、生徒たちの黙々とスケッチしている姿が印象的でした。植物の健全な生育にはどの時期にどのように農薬を使うのが有効なのか学ぶことができ、大変有意義な時間になりました。


このイベントの主催学校はこちら。
お気に入りに登録して、次の更新通知を受け取りましょう。

武蔵野東中学校

私学の中では唯一高校受験に挑む進学校。都内でも進学実績を誇る学校です。英検取得者数も中学3年生で準2級以上の取得者は78%と驚異的。部活も体操、ダンス、陸上は全国レベル。

 JR東小金井駅から徒歩7分の閑静な住宅街に、美しく快適なキャンパスを構える武蔵野東中学校。併設高校を持たず、全員が高校受験に臨む私立の進学校として知られています。  3年間を通して「精神的な自立」を歩む過程を学校がしっかりサポートし、自主学習も懇切に個別指導し受験に対応していきます。塾に通う必要がない独自の教育により、高い進学実績を築き、学習と生活の両面から全人格的に伸ばします。多彩な学...

武蔵野東中学校


Deviewstory

会員登録(無料)で
オススメ学校をお知らせ