• 公開日
  • 12/17

2月4日のプレゼンテーション入試の試験問題を12月20日の9時に掲載します。 

大妻多摩中学校(更新:2017-12-17)

大妻多摩では、国際化と女性の社会進出が求められる現状をふまえ、「世界を視野に活躍できる女性の育成」をめざして、ここ数年改革を進めてきました。具体的には、「より多様な背景を持った生徒が集う、さらに活力と可能性のある時代に対応する学校創り」を目標に、加速するグローバル社会を見据えて、ICTの導入と活用、アクティブ・ラーニングの研究と実践、2020年の新大学入試に合わせた定期試験内容・授業内容とそのやり方の見直しなどを進めております。
このような教育内容の改革と進化に合わせ、入試も国際化と多様化を進めてまいります。すでに「帰国生入試」と「国際生入試」を開始しましたが、今年2月の入試より、考える力、創造力、表現力など、本校入学後、そして未来の社会に必要となる力を重視する目的で、「プレゼンテーション入試」と「合科型試験」という未来型の入試を導入しました。受験生の多様な力を発掘し上記の目標をめざしたいと考えます。
未来型のプレゼンテーション入試の発表課題を、お知らせしてきた通り、12月20日(水)の午前 9:00にHPに公表します。改めて、この新しいコンセプトの入試について、以下にご説明いたします。

【プレゼンテーション入試の内容】
○日 程
2018年2月4日(日)の午前に実施
○募集定員
若干名
○対 象
○プレゼンテーション入試の試験内容(以下の300点満点)
 1時間目 8:50~9:40 国語(50分100点)
 2時間目 9:55~10:45 算数(50分100点) ※国算2科は第3回入試と同じ問題
 3時間目 11:00~ プレゼンテーション試験 [一人約10分100点]
(プレゼン5分50点+質疑5分50点)
★プレゼンテーションは「日本語か英語を選択」とします。質疑は日本語で行います。

【プレゼンテーション入試の発表課題の公表日時について】
プレゼンテーション試験の発表課題は、12月20日(水)の午前9時にHP上で公表するので、5分以内の発表の準備(日本語または英語を選択)をしてきてください。発表では図や写真に限り使用可とします。発表後、5分程度の質疑(日本語)を行います。
プレゼンテーション入試の主な評価観点をHPでご覧になれます。

いよいよ2学期も大詰めです。本校では20日が終業式となっており、その後すぐに、スキー教室と受験ゼミ、補習が始まります。受験生の皆さんも、今が一番大変時期かと思いますが、もう少しなので頑張ってください。


このイベントの主催学校はこちら。
お気に入りに登録して、次の更新通知を受け取りましょう。

大妻多摩中学校

伝統の女子教育を継承しつつ時代とともに進化します

大妻と言えば、学祖大妻コタカの「良妻賢母」の学校というイメージが強いかと思いますが、その真意をご存じでしょうか。「良妻」であれとは、家庭の中心に位置する者としての実力と自信をもちなさい、「賢母」とは、母親として次の世代を担う子供をしっかりと育てるとともに自立して社会貢献できる器量をもちなさいという、女性の自立と社会進出を支える教えでした。つまり、コタカの「良妻賢母」の教育とは、「人間として女...

大妻多摩中学校


Deviewstory

会員登録(無料)で
オススメ学校をお知らせ